AIR SHOJIイメージ

AIR SHOJI

障子とワイヤーシステムの組み合わせで、今まで設置不可能だった様々な場所に設置することが可能です。吊るすことで使用方法も広がり、パーテーションや壁面の装飾、照明として取り入れることができます。

ご使用イメージ

組み合わせて様々なレイアウトをお楽しみいただけます。

  • 前後にレイヤーしながら吊る

    レイヤーイメージ
  • 連結して吊る

    連結イメージ
  • 吊り方

    荒川技研工業製ワイヤーシステムとの組合せで美しく吊ることができます。

BOLD LINEボールドライン

「ボールドライン」では、框・桟・組子の太さ、奥行きの寸法を統一。
また、これらの段差も無くし、フラットに仕上げることで、
現代の建築空間に調和する、シンプルで美しいディティールを追求しました。

SLIM LINEスリムライン

「スリムライン」では、組子を美しく見せることを追求し、
一般的な障子で使用される、8㎜よりも細い6㎜の組子を使用しています。
繊細な組子の技法を生かした障子が、空間を彩ります。

COLLABORATION LINEコラボレーションライン

KITOTEの技術とアーティストの表現とのコラボレーション企画です。
第一弾は、Plotter Drawingアーティスト深地宏昌氏とのコラボレーション。
屋内から障子越しに望む、多様な外界の風景をイメージした作品群「景-kei-」シリーズ。
障子を内界と外界を仕切る境界と見立て、そこに抽象化された「自然」のイメージを投影しています。

COLLABORATION ARTISTFUKAJI HIROMASA

FUKAJI HIROMASA

デザイナー、アーティスト。1990年大阪府生まれ。京都工芸繊維大学大学院デザイン科学専攻修了。
独自の表現技法「Plotter Drawing」をはじめとして、デジタルとフィジカルの境界に生まれる表現についてデザイナーの視点から研究・提案を行う。One Show ゴールド、CANNES LIONS シルバー、NY ADC Awards シルバー、D&AD Awardsウッドペンシル、など受賞多数。
https://www.hiromasa-fukaji.com

Plotter Drawingイメージ

細密な線描画法「Plotter Drawing」